コロナの影響でWeb施策が必要な皆様へ

Withコロナ/Afterコロナ時代のニューノーマルに向けてWeb施策が必要な皆様へ〜ZIZOがお手伝いできること〜

How are you doing?
皆さま、こんにちは

コロナウイルスが社会に大きく影響を与え始めてから早くも半年が経とうとしていますが、皆さまご無事でしょうか?
ZIZOのメンバーもリモートワークやオンラインミーティングをはじめとするニューノーマルにだんだん慣れてきました。
そろそろWithコロナ/Afterコロナの新しい生活スタイルに向けて、作戦を立てていきたいところですね。

私たちは普段から「Web×クリエイティブ」でビジネスの課題を解決するお手伝いを行っており、
この数ヶ月の間、たくさんのご相談をいただきました。
(イベントに関連するプロジェクト、取材・撮影、海外からの仕事の多くがストップしたので、売上はかなり減りましたが…)
様々な業種の皆さんと「この状況にどう対応すべきか」について話をする中で、もともと持っていたノウハウに加えて
新しい知見も溜まってきましたので、Afterコロナに向けて「ZIZOができること」を改めて共有させていただきます。
何かのお役に立てると嬉しいな、と思っております。

今回は特に…

  • リアル店舗での販売を
    オンラインにシフトしたい
  • イベント、説明会、
    セミナーなどを
    オンラインで行いたい
  • SNSをもっと活用して
    ブランディング、
    集客を成功させたい
  • Webサイトを改善して
    ブランディング、
    集客を成功させたい
  • 自社のサービスや
    商品のファンを
    オンラインで増やしたい
  • リモートワークが続いても
    社内のモチベーションを
    キープしたい

このようなことを考えられている皆さんに
情報をお伝えできればと思います。

  • ZIZOのメンバーは「Web×クリエイティブ」に関することでしたら、
    いろいろと知識や情報を持っていますので、雑談レベルでお気軽にお声がけください。

    店舗での販売をオンラインにシフト。
    同時にブランディングを行い、差別化を図ります。

    この数ヶ月の間にもいくつかお問い合わせをいただいたのですが、スピーディーにオンラインショップを立ち上げる必要がある時に、商品の種類やビジネスの形態に合わせて最適なオンラインカートを選び、数日間で販売をスタートできる形を作ることができます。
    また、ECサイトを立ち上げればすぐに商品が売れるという訳ではありませんので、同時にブランディングを行ったり、集客の戦略を立てます。

    ZIZOのできること事例「おはぎバーガー」
    ZIZOのできること事例「おはぎバーガー」

    CHASHITSU Japanese Tea & Coffee様の「おはぎバーガー」サイトでは、BASEを使用してスピーディにオンライン化を行いました。
    https://chashitsu.jp/ohagiburger/
    (Client:CHASHITSU Japanese Tea & Coffee)

    Point01-1

    実現したいことに合わせて最適なオンラインカートシステムを選びます。

    オンラインカートシステムは、テンプレートを選んで商品を登録するだけで簡単にオンラインでの販売をスタートできる大変便利なサービスです。機能や料金によって様々なものがあるので、スピード感や実現したいことに応じて選びます。ポイントは、デザインのカスタマイズがどこまでできるか、決済機能が何に対応しているか、顧客管理機能やアクセス解析機能があるか、などいろいろあります。状況やご要望をお聞かせいただけたら、最適なものを選定いたします。

    (例えば)

    • シンプル&低価格:BASE、STORES.jpなど
    • 中程度の機能と価格:Shopify、カラーミーショップ、shopserveなど
    • 高機能&高価格:futureshop、CS.cart、MakeShopなど

    もちろん、時間に余裕があって、より複雑なことを実現したい(規模が大きい、他のシステムと連携させたい、越境ECで海外の人に商品を売りたいなど)という場合は、MagentoやEC-Cubeなどのオープンソースを使って、よりカスタマイズ性の高い開発を行うこともできます。「ちょっと何言っているか分からない」という方もいらっしゃるかも知れませんので、まずはご相談ください。

    Point01-2

    ブランドサイトを立ち上げて差別化を図ります。

    ECサイトを立ち上げただけで商品が飛ぶように売れる、ということはあまりありませんので、同時にブランディングを行います。これはZIZOが創業の頃から最も得意としている分野の一つです。考えないといけないのは、実店舗を訪れるユーザーが雑誌やTV、口コミなどから得た情報をある程度持っているのに対して、Webサイトを訪問するユーザーは検索して来訪するケースが大半で、商品やブランドに関する事前情報はほとんど持っていないということです。一方で多くの競合が比較対象としてWeb上に存在していますので、「どこが他と違うのか?」「どんなメリット、ワクワク感があるのか?」というブランディングが大切になってきます。ということで、魅力的なブランドサイトを作ります。

    Point01-3

    SEOを適切に行い、検索サイトから集客する流れを作ります。

    検索エンジン対策(SEO)も重要です。「ZIZOさんはSEOはできますか?」とたまに聞かれますので、この場を借りてお答えすると、割と得意な方かなと思います。サイトを作り始める前に、どんなキーワードがトレンドになっているのか?また、どのワードで検索されたいのか?などを分析&設計し、上位表示を実現できるようにWebサイトのプランニングを行います。立ち上げた後も、どのワードで何位に表示されているか?そこから何回訪問されたか?などを定期的に測定し、短期間で改善のサイクルを回します。検索で上位に表示されるようになるとサイトを訪れる人が増えるので、商品がたくさん売れる可能性がとても高くなり、大変ハッピーな状態となります。

    Point01-4

    アクセス解析の設定を正しく行い、サイトの効果を改善します。

    ユーザーがどこから流入しどのページを通ってコンバージョンしているのか(商品を購入したり問い合わせしているのか)、また、どのような属性のユーザーが多いのかなど、アクセスデータを分析し、改善策を立案してサイトを調整していきます。また、アクセス解析ツールの設定の仕方にもちょっとしたコツがありまして、例えば、ECサイトとブランドサイトのサイト間を行き来するユーザーが「離脱」とみなされないように「クロスドメイン・コンバージョン」を設定するなど、細かいところまで抜かりなくやっております。

    リアルイベントの代わりに、いろいろなサービスを使って
    オンラインでイベントを行います。

    こちらもこの数ヶ月の間にいろいろとお手伝いさせていただいているのですが、説明会、オープンキャンパス、ショールームでの接客、美術館での展示など、これまでリアルな会場で行っていたイベントをオンラインで行う施策です。様々なサービスやツール、動画や3Dの技術などを組み合わせると、Web上でできることが結構たくさんありますので、提案&実施までお手伝いさせていただきます。

    ZIZOのできること事例 羽衣国際大学様の「オンラインオープンキャンパス」

    羽衣国際大学様の「オンラインオープンキャンパス」では、Zoomや動画を駆使した様々な企画を実施しています。
    https://www.hagoromo.ac.jp/opencampus_online/

    Point02-1

    最近のトピックスをご紹介させていただきます。

    • Zoomを利用したオンライン大学説明会を企画。告知ページを制作し、予約の仕組みを構築しました。
    • 位置情報が埋め込まれたイラストマップのサービス「stroly」を使った施策のお手伝いをしました。さらに別案件でいくつかのイベントも開発中です。
    • 渋谷の街全体をバーチャル化する「渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト」。ZIZOでは、WebAR(Webブラウザを利用しアプリをダウンロードすることなく現実拡張ができる仕組み)の実装を担当しました。
    • テーブルを自由に移動できる、オンラインでカンファレンスを行うツール「Remo」を使ったイベントを企画中です。
      などなど

    このように、ここ数ヶ月で、Beforeコロナの時代には思いつかなかったオンラインイベントのアイデアがたくさんストックされましたので、お声がけいただいたら、何かのお役に立てるかもしれないですね。

    STAY HOMEでさらに影響力を持ち始めた
    SNSを活用してブランディング、集客を行います。

    家にいる時間が長くなってSNSを見る時間が増えたという方が多いようですね。Instagram、Facebook、Twitter、Youtubeなどを利用して企業や商品のプロモーション、ブランディングを行うと効果的かもしれません。「以前からアカウントは持っているけどうまく活用できていない」という皆さんの代わりにコンテンツを作って投稿したり、フォロワー(=会社・お店・商品のファン)を増やすための施策を行います。また、インフルエンサーや広告を利用して、Webサイトへ集客します。

    ZIZOのできること事例 Experience Western Australia Japan様のInstagramやFacebookを活用したプロモーション

    Experience Western Australia Japan様のInstagramやFacebookを活用したプロモーションをお手伝いしています。
    https://www.experience-wa.jp/

    Point03-1

    企業やブランドのアカウントで利用できるクオリティのコンテンツを作ります。

    スマホで撮影した写真に適当なコメントをつけてそのまま投稿しても、なかなかフォロワーが増えないかもしれません。個人アカウントの場合は直接の知り合いがフォローしてくれたり、いいねを押してくれることも多いかもしれませんが、企業やブランドのアカウントの場合は、ある程度、高いクオリティのコンテンツを投稿する必要がありそうです。ZIZOがお手伝いさせていただく際は、ターゲットになるユーザーはどのようなコンテンツを投稿すると興味を持ち反応してくれるのかを分析した上で、毎月投稿スケジュールを設計し、プロのカメラマンが撮影した写真や動画と魅力的な文章に適切なハッシュタグをつけて投稿します。普段からいろいろなアカウントの運用をお手伝いさせていただいていますので、機会がありましたら、事例をご紹介させていただきます。もしかしたら、皆さんがフォローしているアカウントの一つかもしれないですね。

    Point03-2

    SNSマーケティング、広告で集客します。

    フォロワーを増やしてエンゲージメント率(いいね!やコメント、リツイートなどがされた割合)を上げるためには、投稿するコンテンツに加えて、投稿する曜日や時間帯、ハッシュタグの付け方なども重要になってきますので、定期的に分析を行い傾向をつかむことによって効率よくファンを増やしていきます。また、エリアや属性(年齢、性別、興味など)、行動によって細かくターゲティングした広告を出稿することができるのもいいですね。リツイートキャンペーンや投稿キャンペーンを開催したり、商品が使われているシーンの写真からECサイトに誘導してそのまま購入してもらう流れも作ることができます。その場合、ユーザーは既に商品の魅力を感じた状態、または他のユーザーのコメントなどを読んだ状態でECサイトに来ていますので、直接ECサイトに来訪する場合と比較して、コンバージョン(=購入)率のアップが期待できそうです。

    Point03-3

    インフルエンサーマーケティングで集客します。

    フォロワーが多いインフルエンサーに依頼して、商品やブランドのプロモーションをしてもらいます。フォロワー数千人ぐらいの「ナノインフルエンサー」から100万人以上の「トップインフルエンサー」まで候補の方を探して、価格交渉〜依頼までを行うことができます。(ちなみに100万人以上の方は驚くほどのお値段になります)商品のジャンルに応じて相性のよい方をアサインするのがポイントになりますが、その界隈(ジャンル)での「有名人」にファンになってもらうことができたら、その方はあなたのブランドの良さをどんどん世界中に広めてくれます。うまくいくと広告で集客するよりコアなファンを獲得できたり、エンゲージメントを高くできるかもしれません。大変おすすめです。

    Point03-4

    動画マーケティングもできます。

    もしあなたが若い世代の方でしたら、テレビよりもYoutubeなどWebのプラットフォームで映像を観る時間の方が長いかもしれません。そこで、テレビCMの代わりにYoutube広告を出稿して商品の認知度を上げたり、その他のSNSプラットフォーム(IGTV、TikTokなど)に動画をアップして、ブランディングやプロモーションを行う手法が近年有効です。ZIZOでは、映像の企画・制作を行うクリエイティブ面と広告配信などマーケティング面の両方でお手伝いすることができます。一度に依頼できて大変便利ですのでお気軽にどうぞ。

    Webサイトをリニューアルしたり改善して
    アクセス数、問い合わせ数、販売数を増やします。

    ビジネスの主軸をリアルからオンラインへシフトする際に中心的な役割を果たすWebサイト(コーポレートサイト、サービスサイトなど)の見直しを行います。もともとWebに力を入れていた企業やお店に勝つのは大変ですので、Webマーケティングとクリエイティブの2つの観点からオリジナルの戦略を立て、競合に負けないようにします。もちろん「今までも力を入れていたけどもっと入れたい」という方のお手伝いもさせていただきます。

    ZIZOのできること事例 天藤製薬様「ボラギノール」の公式ブランドサイト。

    天藤製薬様「ボラギノール」の公式ブランドサイト。ここを訪れるとボラギノールの全てが分かる「ボラギノールタウン」を建設しました。https://www.borraginol.com/town/
    (Agency:ADK / 株式会社アストラカン大阪)

    Point04-1

    ストラテジープランニング、Webマーケティングの観点から戦略を立て、実行します。

    ごく普通のことではありますが、Webサイトを作る際には戦略を立てるところから始めます。ユーザー候補にグループインタビューやデプスインタビューを行い、ペルソナを設定してインサイトを整理する一方で、自社のサービス・商品のポジショニングやUSP、RTB、コンセプトをまとめ、どのようなメッセージをどのようなTOVで発信するかを決定します。また、カスタマージャーニーマップを作成し、各タッチポイントでの施策を立案し実行プランを立てます。その中において中心的な役割を担うWebサイトを作成する際には、GoogleAnalytics、SearchConsole、UTMパラメーター(細かい流入元別の数値を分析するためにURLの後につける文字列)、各種広告タグを正しく設定し、KPIをどうするか検討して設計するまでの作業を短期間で行います。ローンチ後はSEOや導線の弱点を見つけ出し、スピーディーに改善していきます。このような、Webサイト制作をする際によくある流れについても、いい感じにできますので、お気軽にお声がけいただけると嬉しいです。

    Point04-2

    クリエイティブプランニングの観点でクオリティの高いものを作ります。

    ストラテジープランニングのフェーズで明らかになった情報を考慮しながら、具体的なクリエイティブの開発を行います。コーポレートサイト、ブランドサイト、サービスサイトなどであれば、まずはサイト全体の情報設計を行いサイト構成をまとめる一方で、キービジュアルやコンセプト、メインとなるキャッチコピーを作ります。方向性について関係者全員で合意形成をした後、映像やスチール撮影を行ったり、イラストやアニメーションを作成しつつ、UX/UIを考慮しながら具体的なデザイン制作のフェーズへ進みます。開発フェーズでは、WebGLなど難易度の高いフロントエンドのコーディングをはじめ、データベースが必要なバックエンドの開発、VR、AR、IoT、3Dなどの新しい技術を使ったものまで対応することができます。オウンドメディアなどの場合は、メディア全体のコンセプトや編集方針の立案から、記事コンテンツのアイデア出しを行った上で、具体的なメディアタイトルやデザインの作成、開発を行い、ローンチ後の取材・撮影・記事制作を含む中長期的な運用のお手伝いが可能です。また、キャンペーンサイトであれば、企画のネタ出しからビジュアルやコピーの開発、運用も含めた全体の仕組み設計、制作までを行うことができます。このような感じでいつもみんなでがんばっています。

    ファンベースマーケティングで
    自社ブランドのファンをどんどん増やす

    「コアなファンを大切して一緒にブランドの価値を上げていく」というファンベースマーケティングの理論に基づいた様々な取り組みをお手伝いしています。例えば、コミュニティサイトを立ち上げてファンの方と積極的にコミュニケーションを取ったり、ファンの方同士が交流できるような仕組みを作ったり、座談会を開いて商品開発に関わってもらう、工場見学に招待するなど、ファンの方と一緒にブランドを作り上げていきます。このような取り組みにより、コアなファンの方が新たなファンを連れてきてくれるという状態を作ります。

    ZIZOのできること事例 自社ブランドのファンをどんどん増やす

    ファンがどんどん増えていきます。

    Point05-1

    コミュニティサイトを立ち上げて運用します。

    メールアドレスを登録するだけで簡単に会員登録ができる仕組みを作り、既存のファンの皆さんに会員になってもらいます。コミュニティサイト内では、ブランドから発信する情報、ユーザーから発信される様々な情報がSNSのようにやりとりされます。商品やブランドに直接的に関連したテーマだけでなく、周辺のテーマもトピックスとして扱います。他のユーザーの投稿にコメントや「いいね!」をつけるとポイントが貯まり、オリジナルグッズなどと交換する仕組みなどをつけることもできます。また、座談会を開いて商品開発に関わってもらう、人数限定で工場見学に招待するなど、コアなファンの皆さんと一緒にブランドを作り上げていく活動をします。これをしばらく続けると、このことが口コミでどんどん広まり、新たなファンが増えていきます。イチから立ち上げて今では1万人以上のファンの方がアクティブに交流しているという事例もありますので、ぜひ御社も試してみてはいかがでしょうか?

    リモートワークで減りつつある社内のコミュニケーション。
    インナーブランディングで社員みんなのベクトルを揃えます。

    直接、会って話す機会が減ってくると、会社のビジョン、ミッション、バリューや中長期的に目指す形の言語化と共有がますます重要になってきますね。そこで、会社の現在・過去・未来の様々なデータを棚卸しした「ファクトブック」を作成しています。経営層の考え、社風、会社としての価値観、中長期目標などの整理・言語化をお手伝いし、ワークショップの実施、コピーやデザインといったアウトプットへの落とし込みまでおまかせいただけます。

    ZIZOのできること事例 インナーブランディングで社員みんなのベクトルを揃えます

    ZIZOのファクトブック2019
    PDFはこちら

    ZIZOのできること事例 インナーブランディングで社員みんなのベクトルを揃えます
    Point06-1

    会社のあらゆる情報をまとめた「ファクトブック」を作ります。

    全社員が会社の基本的なデータや経営者の考えにアクセスできる状態を作ることで、社歴や役職などによる情報格差をなくし、コミュニケーションの基礎を固めます。ZIZOでもこれを作ったことにより、社員同士が話して何かを決めたり行動する際の判断基準を共有できるようになりました。また、採用応募者(将来のスタッフ)、顧客、取引先、メディアなど、あらゆるステークホルダーに対しての情報発信にも活用できて大変便利です。PDFをダウンロードして、ぜひご覧いただけると嬉しいです。

    Point06-2

    ビジョン、ミッション、バリューを作ります。

    この会社は何のために存在するのか?何を目指していて、どんな価値観を大切にしているのか?などを経営陣だけでなく、あらゆるポジションの人にインタビューをしたり、ワークショップを行いながら、言語化していきます。デザインされたコンセプトブックにまとめたり、Webサイトに掲載するなど、社内外のあらゆる関係者の目に触れる状態にすることで、「なぜこの事業をやっているのか?」「何をやっているのか?」「どのようにやっているのか?」が常に明確になります。そのため、社員のパフォーマンスやモチベーションが上がったり、採用への応募者が増えたり、といった効果が期待できます。リモートワーク状態でも同じベクトルを向いたすばらしいチームができ上がるのではないでしょうか。

    ZIZOはワクワクを忘れていません

    いろいろと大変な世の中ですが、いつも心にワクワクを忘れずがんばりたいですね!様々な課題を「Web×クリエイティブ」で一緒に解決していきましょう。オンラインでお話しできることを楽しみにしています。

    おまけ

    Web系・クリエイティブ系の会社を経営されているオーナーの皆さま、フリーランスのクリエイターの皆さまへ
    もし、Withコロナ/Afterコロナ施策の一つとして事業の売却や他社へのジョインをお考えでしたら、ぜひ一度お声がけください。